『閃の軌跡III』小悪魔的な少女「ミュゼ」やスラム育ちの不良青年「アッシュ」など新たなキャラクター情報が判明!

日本ファルコムが2017年秋に発売を予定しているPS4用ソフト『閃の軌跡III』の最新情報がゲーム誌のフラゲより明らかとなりました。

スポンサーリンク

キャラクター情報

ミュゼ・イーグレット

年齢:16歳 武器:魔導騎銃
「―ごきげんよう、リィン教官。若輩者ではありますが、よろしくお願いしますね?」
西部の名門。イーグレット伯爵家出身の少女。かつては聖アストライア女学院に通っていたが、諸事情により退学。突如軍人の道を志して第Ⅱ分校のⅨ組・主計科に入る。リィンに興味を持ち何度も誘惑してくる。小悪魔的な性格。

sen-no-kiseki3_170411

アッシュ・ガーバイド

年齢:17歳 武器:ヴァリアブルアクス
「灰色のオモチャを乗り回して、政府の犬として働くっつーのは、そんなに気持ちいいのかよ?」
帝国西部スラム育ちの不良青年。過去シリーズにも登場した、ある重要人物の推薦により第Ⅱ分校に入学、Ⅶ組・戦術科に在籍する。教官のリィンに対し挑発的な言動を見せる。
武器のヴァリアブルアクスは状況に応じて鎌のような形状にもなり、トリッキーな戦いが可能。

オーレリア・ルグィン

年齢:32歳
「灰色の騎士の気骨、せいぜい雛鳥たちに示すがよい」
若くして剣術の二大流派から免許皆伝を受け、「黄金の羅刹」の異名を持つルグィン伯爵家の当主。内戦終盤に海上要塞に撤退、その数ヵ月後の北方戦役に帝国政府と取引して配下の軍を動かしノーザンブリアに侵攻、帝国領土として併合した。軍を退役後、トールズ士官学院・第Ⅱ分校の校長に就任。

ミハイル少佐

年齢:28歳
「シュバルツァー、ここで求められるのは騎神による英雄的行為ではない」
鉄道憲兵隊所属のエリート特務少佐。内戦中はオリヴァルト皇子と共闘していた。クレアの同期でライバル心剥き出しつつも気にかけている。分校には出向してるが、本当の目的は要警戒人物であるオーレリアの監視と、暗躍する結社と猟兵団への対抗手段として分校を利用することにある。

トワ・ハーシェル

年齢:21歳
「同じトールズの卒業生として、力を合わせて乗り越えて行こうね!」
NGOに参加していたが帝国の不穏な情勢を察し、第Ⅱ分校でⅨ組・主計科の担当教官となる。身長は伸びていない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事