「ミニスーパーファミコン」が年末に登場か。Eurogamerが報じる

昨年11月に発売されるやいなや品切れが続出、購入困難な状況が長期に渡って継続するほどの人気を博した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」。現在は生産が一旦終了されているこの商品について、後継機と呼べる「ミニスーパーファミコン」の存在が噂になっています。

噂の発端となったのは、欧州の大手ゲームメディアEurogamerが報じたこちらの記事。Eurogamerは、任天堂に近い関係者から得た情報として、任天堂が「ミニファミコン」の生産を終了した大きな理由は「ミニスーパーファミコン」の生産に切り替えた為であると報道。「ミニスーパファミコン」の生産は既に開始されており、今年のクリスマス時期のリリースが計画されているとしています。

ちなみに、Eurogamerは任天堂の公式発表に先行してNintendo Switchの形状を報道するなど、任天堂に関する情報には一定の実績があります。また、任天堂は「ミニファミコン」を発売する1年前にファミコンコントローラーのデザインを商標登録していましたが、昨年末にもスーパーファミコンのコントローラーのデザインを同じように商標登録していることが分かっています。

関連リンク

 ・AUTOMATON

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事