PS4『閃の軌跡III』「トワ・ハーシェル」「オーレリア・ルグィン」「ミハイル少佐」プロフィール&スクリーンショット公開

日本ファルコムが2017年秋に発売を予定しているPS4用ソフト『英雄伝説 閃の軌跡III』について、「トワ・ハーシェル」「オーレリア・ルグィン」「ミハイル少佐」のプロフィールとスクリーンショットが公開されました。

スポンサーリンク

キャラクター

トワ・ハーシェル

towa
【年齢:21歳】
《第Ⅱ分校》で《Ⅸ組・主計科》の担当教官となる、見た目は幼いが優秀で努力家な女性。
トールズ士官学院在学時は生徒会長として活躍し、帝都夏至祭での混乱収拾、クロスベル通商会議で能力を発揮。内戦時には巡洋艦《カレイジャス》の艦長代理としてその卓越した指揮能力で帝都解放にも貢献した。
卒業後の針路は引く手あまただった彼女だが、「帝国の未来」を見極めるための勉強として帝国各地の非政府組織NGO活動に参加──
そんな中、帝国が不穏な道に歩み始めるのを察したトワはトールズの精神を残すため、少しでも帝国の現状を良くするため《第Ⅱ分校》で“教育”の道を選ぶことを決意する。

ss_01ss_02ss_03

オーレリア・ルグィン

aurelia
【年齢:32歳】
若くしてヴァンダール・アルゼイドの二大流派から免許皆伝を受け、《黄金の羅刹らせつ》の異名を持つラマール州ルグィン伯爵家の女当主。
内戦時は《貴族連合軍》の総司令として帝国正規軍と敵対、盟友ウォレスと共に新兵器である機甲兵部隊なども立ち上げ、常勝無敗、圧倒的な戦果を上げ続けた。
内戦終盤、主君筋であるカイエン公逮捕の報を受けたオーレリアは正規軍との停戦に応じ、西部の本拠地である海上要塞に撤退──
その数ヵ月後の《北方戦役》では、帝国政府と取引をする形で配下の軍を動かしノーザンブリアに侵攻、新たな帝国領として併合した。
その後、盟友ウォレスに後事を任せて軍を退役した彼女だったが、いかなる経緯か、トールズ士官学院《第Ⅱ分校》の分校長に就任する。

ss_01 (1)ss_02 (1)ss_03 (1)

ミハイル少佐

michael
【年齢:28歳】
TMP(鉄道憲兵隊)に所属する、生真面目で堅物のエリート特務少佐。
内戦時には帝国西部で劣勢に追い込まれた正規軍を支援しつつ、オリヴァルト皇子たちとも共闘していた。
《氷の乙女アイス=メイデン》の異名で知られるクレア少佐の同期にあたるが、彼女に対して露骨なライバル心を抱きつつ、どこかその動向を気に掛けるようなそぶりを見せることも。
《第Ⅱ分校》には主任教官として出向するが、その目的は要警戒対象であるオーレリアの監視、そして暗躍する結社や猟兵団への対抗手段として《第Ⅱ分校》を利用することにあった。

ss_01 (2)ss_02 (2)ss_03 (2)
関連リンク

 ・閃の軌跡III|公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事