PS4『地球防衛軍5』レンジャーによる搭乗兵器が復活!ダンゴムシに似た侵略生物なども判明

D3パブリッシャーは、2017年夏に発売を予定しているPS4用ソフト『地球防衛軍5』の最新情報を公開しました。

スポンサーリンク

レンジャーによる搭乗兵器が復活

シリーズ初の4兵科登場となったEDF4から、搭乗兵器の投下要請はエアレイダーに一任されていたが、EDF3までレンジャー専用であった「バイク」と、「戦車」 「戦闘ヘリ」の一部が、EDF5よりレンジャーによる投下要請でも使用可能となる。

ブラッカーE1

ブラッカーE1ブラッカーE1

EDFの主力戦闘車両。搭乗人員1名。
市街戦を想定し、やや小型に設計されており、市街地の幹線道路や、細い路地すらも自在に走行することができる。火力、防御力は従来の戦闘車両に劣らない。

フリージャー1

フリージャー1フリージャー1

迅速性が求められる任務を想定し開発された軍用オートバイ。戦場での運用を前提としているため、車体全体を装甲で保護。また悪路を踏破するためのパワーも備えている。
車体の左右には重火器を搭載。素早く戦場を駆け抜け、火力をもって目標を殲滅することが可能。

N9エウロス

N9エウロスN9エウロス

EDFの主力武装ヘリコプター。搭乗人員1名。
機関砲二門とミサイルを搭載。非常に高い火力を持ち、運動性にも優れている。

エアレイダーが投下要請できる搭乗兵器

イプシロン重装甲レールガン

イプシロン重装甲レールガンイプシロン重装甲レールガン

最新鋭兵器である電磁投射砲(レールガン)を搭載した車両。
電磁気の力で砲弾を加速し、高速射出。砲弾は物体を貫通して多数の敵にダメージを与えることができる。
恐るべき威力を誇るが、発射後、再装填に時間がかかるなどの欠点を持ち、それを補うためのマシンガンを砲塔の左右に搭載している。
左右のガンナー席に乗り込むことでマシンガンを操作可能。

NF31ネレイド

NF31ネレイドNF31ネレイド

対地制圧ヘリコプター。
自動捕捉式のオートキャノンを搭載した恐るべき兵器。オートキャノンは敵を探知し、自動的に照準を合わせて殲滅する。
対地制圧力は圧倒的であり、下方向にいる敵を確実に排除できるが、センサーの探知範囲は限定されるため、射角は下方に限られ、上方の敵には対応できないという欠点を持つ。

デプスクロウラーI

デプスクロウラーIデプスクロウラーI

地底戦用の歩行タンク。
4つのフックアームを持ち、這うように進むため、悪路だけでなく洞窟の壁面すら走行できる。
フックアームを使って跳躍し、「天井や壁に飛び移る」といった立体的な行動が可能。
また、暗闇を照らす「大型ライト」を積載。広範囲の視界を確保できるため、地底突入チームの支援役として欠かせない存在。
地底用として開発されたビークルであるが、地上でも高い性能を発揮。フックアームを使い、ビルの外壁をよじ登り、敵を追撃できる。

異星文明プライマー

侵略性外来生物γ

侵略性外来生物γ侵略性外来生物γ

エイリアンが投下した3種類目の侵略生物で、人類はこれをγと呼称する。
γ型は動きも遅く、一見無害だが、硬い甲殻を使って球状となり、転がって相手を踏みつぶすという攻防一体の攻撃を繰り出す。

有翼型侵略生物

有翼型侵略生物有翼型侵略生物

飛行能力を持った異星生命体。
これまで確認された侵略生物とは、外見、構造に明らかな差異があり、また行動には知性の片鱗が感じられることから、怪物というよりエイリアンに近い存在であると推測されている。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事