PS4『限界凸城キャッスルパンツァーズ』公式サイトがオープン!ストーリー、キャラクター、スクリーンショットが公開に

コンパイルハートは2017年に発売を予定しているPS4用ソフト『限界凸城キャッスルパンツァーズ』の公式サイトをオープンしました。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

ストーリー

とある国でクーデターが起きた。
かろうじて逃れることが出来た王女は、その先で主人公と出会う。
だがその王女一行をかばったばかりに、敵に囲まれ窮地に陥る主人公。
そこへ謎の声が響く。

「力が…欲しいか?」

選択肢も無く応じるしかない主人公。
すると、なんと地中から謎の城が浮上してくる!
その力は敵を圧倒し、撃退する。
そして現れる謎の生物、オットン。

「お前は城と契約したんだお。
城の力を使える代わりにリビドーをささげ続けるんだお!
リビドー、それはすなわちうら若き乙女のまとう聖なる三角形!」

なんと下着を集めなければいけないらしい。
さらに王女一行からは国を取り戻す相談を持ちかけられる。

「城にある古い文献を調べれば、きっと城から解放される方法もわかるはず!
だから王城へ辿り着くため、国を取り戻すため力を貸してほしい!」

かくして主人公は否応なしに下着を集めつつ国を取り戻す旅へ赴くことになるのであった…

キャラクター

アレックス・ライド CV:???

002
「いいんだ。城から解放される手段なんてわからないし、それなら可能性ある方を選ぶよ」

本作の主人公。
追われていた姫をそうとは知らずかくまい、逃げん込んだ先の謎の遺跡で転んでしまい、股間に変な装置がくっついてしまう。さらにその遺跡から出られなくなってしまったりと、巻き込まれ体質で流されてしまうことが多い。
優しく本来は争いを好まない性格で、気はどちらかというと弱い方だが、理不尽な悪に対抗する勇気は持っており、肝心なとこで自分の意志は曲げない。
それゆえカッとなると威勢いいことを言うが、時が経ち次第に冷静になってくると非常に後悔したりする。

アイリス・ライン・ガレスティア CV:???

001
「守ってもらうだけではダメなのです。自分のことですから。……ですから、やります。私が戦います!」

帝国の皇女。お姫様。
優しい性格で人当たりも良く、国民からは大変人気である。
がその身分故全くと言っていいほど世間を知らず、「お金」の存在も知らないほど。
「悪い人」の存在すら知らず、今回のクーデターにおいて皇族に反感を持つ人間を目の当たりにし、少なからずショックを受ける。
自分を匿った為に大変なことになってしまったアレックスに対し、責任を非常に重く感じている。

シャロン CV:???

012
「実際人間と殺し合いをすることは無いだろう。いや、あっとしても、それをやるのは私の役目だ」

姫につき従う従者のひとり。姫のボディーガード。
姫第一主義で命をかけることに何のためらいもない。それが時に行き過ぎることも。
その自覚はあるが、姫のために汚れ役を背負うのもまた躊躇うことは無い。
最初の戦いで姫だけを戦わせることになってしまったことに切腹でもしかねない勢いで自分を責める。姫が関わらなければ冷静沈着で面倒見のいい頼れるお姉さん。

リーフ CV:???

013
「どっちにせよ判りますよ~。フン捕まえて拷問にかけるんですから」

モン娘の集落にいる女の子。泰然として物腰の柔らかい女性。
しかし実際は何を考えているかはよくわからない、つかみどころのない性格。
時折変なギャグを言いだしたりいたずらをしたり、お茶目な性格。
かなりのグルメで食には並々ならぬこだわりがある。
旅の途中で新たな街に寄るたびに名物や評判の店を事前チェックし、必ず寄る。

スクリーンショット

イベントCG

0030074
「限界凸城 キャッスルパンツァーズ」公式サイトです。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事