Co-op限定の脱獄アドベンチャー『A WAY OUT』日本でも配信決定。ただしローカライズはされない模様

エレクトロニック・アーツは、E3 2017のカンファレンスで発表した分割画面を活用したCo-op専用の脱獄アドベンチャー『A WAY OUT』を日本国内でも配信すると発表しました。PS4/Xbox One/PC向けに2018年上旬リリース予定です。ただし、残念ながらローカライズは行われず、英語版の配信となる模様です。

<リリース全文は以下へ>

スポンサーリンク

最新のEA Originalsゲーム
評価の高いHazelightのチームが手掛ける心に訴えかける物語

 Electronic Arts Inc.(NASDAQ: EA)は、Hazelightとの協力のもと、最新のEA Originalsゲーム「A Way Out」を発表しました。高い評価を得たインディーズゲーム、「Brothers – A Tale of Two Son」の製作チームが手掛ける「A Way Out」は、2人のプレイヤーが協力してあらゆる状況を乗り越えていく、協力プレイ型ゲームです。2018年上旬に発売される本作では、感動的な冒険に乗り出す主人公のレオとヴィンセントの魅力的な物語が展開されます。カーチェイス、隠密行動、乱闘、撃ち合いなどの数々のアクションシーンが二人を待ち受けます。

 “ジョセフとHazelightのチームは、EA Originalsのすべてを表現しています”とEA Worldwide Studiosを率いるPatrick Soderlund(パトリック・ソダーランド)は言います。彼らは、ゲームに対して、ビジョンと情熱を持った、少数精鋭のグループです。そして、そのゲームはビデオゲーム業界において、本当に斬新な作品なのです。「A Way Out」は、革新的な協力プレイと2人の主人公が織りなす感動的な物語で多くの人を驚かせると思います。

 “このゲームでは、今までにない協力プレイの体験を味わえるはずです”と、Hazelightのライター兼ディレクターのJosef Faresは言います。“友人と、最初から最後まで協力プレイが必要なストーリー重視のゲームを探そうとしていた時に、「A Way Out」の構想を思いつきました。当時、そのようなゲームがありませんでした。本作では、革新的な方法で2人のキャラクターの物語を展開しています。プレイヤーは、ゲーム中に全画面表示から映画のような分割画面へと変化する映像に熱中すると思います。2人のキャラクターに異なる方法で焦点を合わせることで、様々なゲームプレイが可能になっています。単調な繰り返しを避けたかったので、全く異なるシチュエーションの中でキャラクターを知ることができるようになっています。

 「A Way Out 」のストーリーは刑務所から始まります。別々に収容されている囚人のレオとヴィンセントはお互いを知らないまま、各自のストーリーが進行していきます。プレイヤーは、キャラクター同士の信頼関係を築いていき、2人を脱獄させる必要があります。このCO-OP対応ゲームは、オンラインまたは友達と一緒に肩を並べて遊べるように設計されています。

 「A Way Out」はHazelightによって開発されており、2018年上旬にOrigin(PC用)、Xbox OneおよびPlayStation 4でデジタル・ダウンロード専用タイトルとして発売されます。(日本国内の発売は、英語版となります。)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事