「スプラトゥーン2 ダイレクト」まとめ:詳細なゲーム紹介や新ユニット「テンタクルズ」、そして前夜祭の開催が発表!

任天堂は、7月21日に発売を予定しているNintendo Switch用ソフト『スプラトゥーン2』のプレゼン映像「スプラトゥーン2 ダイレクト」を公開。ゲーム内容について詳しく解説するほか、シオカラーズに続く新ユニット「テンタクルズ」の発表、そして7月15日(土)に前夜祭を開催するとの告知が行われました。

<続きは以下へ>

スポンサーリンク

『スプラトゥーン2 ダイレクト』

ブキ

クラッシュブラスター(シューター)

射程は短いが、早い連射力と爆発力で相手を寄せ付けない。

ヴァリアブルローラー(ローラー)

変形型のローラー。ヨコ振りは素早く、タテ振りは遅いが遠くまでインクを飛ばすことができる。

ソイチューバー(チャージャー)

チャージしたまま移動できる“チャージキープ”が非常に長い。

スパッタリー(マニューバー)

軽量化されたマニューバー。スライド後の硬直が短縮されており、よりスピーディーに戦える。

スペシャルウェポン

インクアーマー

一定時間、味方全員にインクのヨロイをまとわせて相手の攻撃を少しだけ防ぐ。

イカスフィア

ボールの中に入って、敵味方のインク関係なく縦横無尽に駆け回ることができる。一定時間が経過すると爆発し周囲にインクを散布する。

新モード

リーグマッチ

従来のように4人で挑むだけでなく、2人一組で挑むことも可能。ガチマッチのルールに則り、制限時間の中で仲間とランキング上位を目指す。

好成績を記録すると記念メダルがもらえる。

新ユニット「テンタクルズ」


18歳とは思えないイイダの完成されたボーカルに、先輩のヒメが合いの手を入れてバトルを盛り上げる。

専用アプリ『Nintendo Switch Online』と「イカリング2」について

ボイスチャットを可能にするスマホアプリ『Nintendo Switch Online』と、同アプリ内の機能と思われる「イカリング2」が公開。

「イカリング2」では、自分のランクやウデマエ、今後のステージ情報などをチェックできる。また、過去50回分のバトル結果やいっしょに遊んだプレイヤーのブキやギア情報なども確認可能。さらに、これまでに塗った面積が現実世界ではどれくらいの面積になるのかを示す“塗りポイントチャレンジ”や、ゲーム内で貯めたお金で通常とは異なるギアパワーが付いた特別なギアを購入できる「アネモのゲソタウン」といった要素も用意。

「イカリング2」はスマホアプリ『Nintendo Switch Online』の機能のひとつとして提供。同アプリでは、SNSを通じていっしょに遊ぶ友達を誘うことができ、プライベートマッチなどでボイスチャットをしながら遊ぶことが可能。ボイスチャットはゲームと連動してチーム分けが行われ、同じチーム内だけで会話ができる。

スマホアプリ『Nintendo Switch Online』は7月21日配信開始予定。(詳細はこちら

前夜祭が開催決定

7月15日(土)17:00~21:00 前夜祭が開催決定。

アップデートについて

発売後のアップデートについて発表。ブキやギアの追加アップデートは1年間、フェスは2年間にわたって開催される。


ブキ「パラシェルター」
ボタン長押しで傘を開き、相手のインクを防ぐ。さらに長押しすると、傘をパージして前方に滑らせる。


スペシャルウェポン「バブルランチャー」
バブルを投げつけ、そのバブルが割れるとあたり一帯にインクを撒き散らす。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事