PS4『雷電V Director’s Cut』発売日が9月14日に決定!サントラ&デジタルアートブック付属の同梱版も

モスは、PS4用ソフト『雷電V Diredctor’s Cut』の発売日を9月14日に決定しました。価格はパッケージ版とダウンロード版ともに6,800円、サントラCDとデジタルアートブックのプロダクトコードが同梱される限定版が8,800円(全て税別)です。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

『雷電V Director’s Cut』について

  • 25年以上の歴史を持つ『雷電』シリーズ最新作としてPS4に初めてリリース。2016年にXbox Oneで発売された『雷電V』に2人同時プレイモードや新たなミッションステージなどの新要素を追加したタイトル。
  • 発売日は9月14日(木)。価格はそれぞれパッケージ通常版6,800円、PS Storeダウンロード版6,800円、オリジナルサウンドトラックCDおよびデジタルアートブックDLコード付属の限定版「Limited Edition」8,800円(すべて税別)。
  • 追加要素のマルチプレイヤー(ローカル2人同時プレイ)対応、新規ミッションステージ追加、オンラインプレイ中のプレイヤー同士がボタン1つで支援しあう“Cheer”システム、各プレイヤーの使用武器・スコアなどのプレイ情報のリアルタイム表示、フルボイスで語られるマルチストーリーなど。
関連リンク

 ・雷電V Director’s Cut|公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事