『アサシンクリード オリジンズ』スキルツリーによる自分好みのキャラ育成や、より高性能な装備品探しを楽しめるRPG要素の強い作品に

ユービーアイソフトが10月27日に発売を予定しているPS4/XboxOne/PC用ソフト『アサシンクリード オリジンズ』。Gamescom 2017 出展デモのプレイレポートによると、本作は従来作品に比べてかなりRPG要素の強い作品になっているようです。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

4GamerによるXbox One版プレイレポートより

  • 従来シリーズから操作系が一新。RBボタンが弱攻撃、RTボタンが強攻撃、LTボタンでガード、Bボタンでパリィ、Xボタンで回避。
  • カウンターは存在しないため、従来のように相手の攻撃を待ってカウンターで楽に倒すことはできない。敵の攻撃を空振りさせて隙を突き、反撃される前に退くといった、よりアクション性の高い戦闘システムになっている。
  • カウンター撤廃は敵の強化にも繋がっており、これまで以上に暗殺が重要。本作では、ある程度以上の敵(キャプテン級)でも暗殺で仕留めることが可能になっている。
  • 高所に移動しなくても、鷹を飛ばしてその視点から敵をマーキングすることができ、マーキングした敵は常にその位置を把握できる。
  • 「ルートシステム」追加。装備品は敵を倒したり宝箱を開けることで入手でき、レア度に比例して性能も上下する。戦闘や探索を通じて、よりレア度と性能の高い装備品を厳選していく楽しみはハクスラ系のゲームに通ずるものがある。
  • スキルツリーによって、自分のプレイスタイルに合わせてキャラクターを成長させていくことが可能。
関連リンク

 ・4Gamer.net

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事