『コードヴェイン』新キャラ「ルイ(CV:石川界人)」&『GE』シオに似ている「イオ(CV:Lynn)」やシステム関連など最新情報が判明!

バンダイナムコエンターテインメントが2018年に発売を予定している、PS4/XboxOne/Stema向けドラマティック探索アクションRPG『コードヴェイン』の最新情報が、今週発売のゲーム誌より明らかとなっています。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

『コードヴェイン』最新情報

キャラクタークリエイト

  • ボイスには様々な作品の主役級の声優が使用可能。
  • 顔の輪郭、瞳の大きさ、光彩など左右細かくカスタマイズ可能。

新キャラクター

ルイ CV:石川界人

吸血鬼を救おうと日夜研究を続ける若きリーダー。

イオ CV:Lynn

主人公に寄り添う吸血鬼。自身の記憶を全て失くしているが、吸血鬼やヴェインの知識は豊富。見た目は『ゴッドイーター』のキャラクター「シオ」を彷彿とさせる。

システム関連

  • 武器は2種類まで装備可能。メニューを開かずに切り替えられる。
  • 装備自体はメニューでいつでも変更可能
  • キャラは経験値でレベルアップし、パラメータが上昇していく。
  • “ブラッドコード”という補正値を設定することで、特定のパラメータに補正をかけることができる。
  • ブラッドコードを成長させると補正値が増加。また、新たな錬血も手に入る。
  • 消費するスタミナ量は、通常攻撃では部位の種類や攻撃方法によって変化し、吸血時にはブラッドヴェイルの種類によって変化する。
  • バトル中にスタミナが尽きてもペナルティは存在しないが、各種行動ができなくなってしまう。
  • 吸血はロストから血を奪うアクションで、発動には溜め動作が必要。成功すれば錬血の発動に必要な冥血を獲得できる。
  • 吸血を使わずに戦うこともできるが、錬血が発動できないため戦術の幅が狭まる。
  • 特殊な条件下では特殊吸血が発動。冥血を多く得られ、またダメージも大きい。
    特殊吸血の発動条件は「敵の攻撃をタイミング良く受け流した時」「バックアタックを成功させた時」「打ち上げからのコンボ中」。
  • 錬血は最大8種類まで装備可能。攻撃・防御・支援まで様々な効果がある。
  • バディは、敵への追撃や協力技の発動、体力が尽きたプレイヤーの回復などの支援を行う。AIによる自律行動なので直接指示はできない。体力が尽きるとその場で消滅するが、チェックポイントに触れることで復活する。プレイヤーと同じく冥血を溜めて錬血を発動する。成長要素についてはまだ秘密。
  • 「集中システム」とは
    敵からダメージを受けるなどすると専用のゲージが増加し、一定値に達すると自動的に“集中状態”になる。この状態になると、敵の攻撃に対して怯みにくくなり、打ち上げ攻撃で確実に敵を浮き上がらせることができる。特殊吸血の成功率もアップ。なお、集中状態の継続時間は20秒前後。
関連リンク

 ・ファミ通.com
 ・ゲームよりどりサブカルみどりパーク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事