『D×2 真・女神転生 リベレーション』ゲームシステムなど最新情報が判明!

セガが開発を手がける『真・女神転生』シリーズのスマホ向け最新作『D×2 真・女神転生 リベレーション』の最新情報が、今週発売のゲーム情報誌より明らかとなりました。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

『D×2 真・女神転生 リベレーション』最新情報

  • 主人公の性別は選択可能。
  • プレイヤーは、世界を守護する秘密組織「リベレイターズ」の一員となったことで、デビルダウンローダー(D×2)同士の争いに巻き込まれていく。
  • リベレイターズのアジトは秋葉原のシェアハウス。悪魔合体や強化のための施設、アイテムショップなども揃っている。
  • 悪魔会話やスキル継承といったシリーズ伝統のシステムを踏襲。さらに、本作オリジナルの育成要素も登場。
  • 戦闘システムは、シリーズお馴染の「プレスターンバトル」を採用。弱点を突くと行動回数が増え、逆に耐性属性で攻撃すると行動回数が減少。
  • 悪魔は3Dモデルも登場。
  • 3Dダンジョンを探索する「アウラゲート」。どこまで潜れるかに挑戦。
  • シナリオ:深見真氏 キャラクターデザイン:岩元辰郎氏

開発者インタビューより

  • 本作の企画はセガからアトラスへ打診して実現した。
  • 開発はセガが中心だが、設定や悪魔に関してはアトラスが監修。
  • アトラスもスマホ向けにメガテンを展開したいとの意向を持っていたが、ノウハウが無かったため手が出せなかった。
  • 本作の仮題は「ユーザーに恥ずかしくないハイエンドなものを提供する」こと。
  • プロデューサーは『サカつく』や『サムライ&ドラゴンズ』などの山田理一郎氏。
  • TGSでは体験版だけではなく、悪魔の造形をVRで楽しめるコンテンツも出展。
関連リンク

 ・D×2 真・女神転生 リベレーション|公式サイト
 ・ファミ通.com

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事