PS4『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』ゲーム詳細とスクリーンショットが公開!

ディースリー・パブリッシャーは、2017年秋に配信予定のPS4用ソフト『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』のゲーム詳細とスクリーンショットを公開しました。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』について

EDF4.1の裏側で起こったもう一つのストーリー

異星生命体“フォーリナー”の再襲来から数か月。

連合地球軍“EDF”はウイングダイバー用の新型飛行ユニットの開発を行っていた。
それは、従来の飛行ユニットに比べ、飛行能力の継続性にテーマを置いて開発されたものであり、地上に落下することなく緊急チャージを可能とする画期的なものであった。

ペイルチームの一部の隊員による新型飛行ユニットのテストが最終段階に入りつつあったある日、事件は起こった。

この日、近隣地域のEDFは敵マザーシップの撃墜作戦に備え、ほとんどの部隊が作戦遂行地域へと集結していた。その作戦の裏をかくように突如として巨大生物の大部隊が出現したのだ。EDFは基地防衛のためわずかに残した残存戦力のすべてを、この巨大生物の駆除へと割くしかなかった。

物語は、試験飛行中のペイルチームに対して緊急出動の指示が下されるところから始まっていく・・・。

画面を埋め尽くす巨大な敵と飛び交う弾

『地球防衛軍4.1』の世界観の下、マザーシップ撃墜作戦の裏側で起こったアナザーストーリーを背景に、「とにかく避ける」「とにかく撃つ」「すべて破壊する」といった縦スクロール型シューティングならではの豪快な戦いが女性のみの特殊部隊、降下翼兵ウイングダイバーで実現する。

60種類以上の武器を収録

プレイヤーは2種類の武器を装備可能。各ミッションには様々な局面があり、有効な武器はプレイヤーの戦い方によっても変化する。「イクシオン」「レイピア」「ミラージュ」「サンダースナイパー」「LAZR」「プラズマランチャー」など、60種類以上の武器を収録。ウイングダイバーが本編で使用する武器はもちろん、より新型飛行ユニットに対応した本作オリジナルの武器も登場する。

多彩な敵が登場する全6ミッションを収録

EDF4.1で登場したあの敵たちが、縦シュー仕様の新たな攻撃を引っ提げて登場する。
ボスクラスの超巨大な敵も登場。画面に収まらない巨大な敵は超絶攻撃を繰り出してくる。

爽快感にこだわった通信演出とSHOOTUPTIME

■爽快演出(1)
ミッション中は、おなじみフルボイスで流れる様々なキャラクターによる通信演出を収録。地上で戦っているレンジャー部隊や作戦司令官、逃げ惑う民間人、他のペイルチーム隊員などが次々と登場する。

■爽快演出(2)
ミッションの途中にはスクロールが止まったら「SHOOTUPTIME」開始。画面を埋め尽くす敵が出現する「SHOOTUPTIME」は、何も考えすに本能だけで湧き続ける敵を撃ちまくれ。連続で敵を撃破すれば「COMBO」となり、更なる高得点が狙える。

やり込み要素あり!ゲームボリュームまとめ

  • 全6ミッション×5つの難易度に挑め!(EASY・NORMAL・HARD・HARDEST・INFERNO)
  • 60種類以上の武器を集めよ!
  • スコアランキング対応。目指せハイスイコア!
  • キャラクターカラーバリエーション変更可能!
  • 裏ステー・・・ジジジ・・・ガガガ・・・・(通信妨害)

スクリーンショット

『地球防衛軍4.1』のウイングダイバーが主役の縦スクロール3Dシューティング!PS4『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』公式サイト
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事