Nintendo Switch 本体更新データが配信!最大30秒前からのゲームプレイを保続できる動画撮影機能や、ほかの本体へのユーザー&セーブデータ引っ越し機能などが追加

任天堂は本日10月19日、Nintendo Switch の本体機能の更新データ(システムバージョン4.00)の配信を開始しました。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

システムバージョン4.00で追加された主な機能

動画撮影機能

一部のゲームで動画撮影に対応。

  • ゲーム中に、Joy-Con(L)の“キャプチャーボタン”を長押し(ピッという音がするまで押し続ける)すると、最大で30秒前からの動画を保存できる。
  • 保存した動画は、HOMEメニューの「アルバム」で確認できる。
  • 「アルバム」からFacebook、Twitterへ投稿できる。
  • 動画は本体保存メモリーに最大100本、市販のmicroSDカードがあれば、最大1,000本まで保存可能。

対応ソフト&サンプル動画

「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」(Ver. 1.3.0以降)

「マリオカート8 デラックス」(Ver. 1.3.0以降)

「ARMS」(Ver. 3.1.0以降)

「スプラトゥーン2」(Ver. 1.2.0)以降

「設定」機能の追加

HOMEメニューの「設定」で以下のことができるようになった。

  • ユーザーに設定できるアイコンに『スーパーマリオ オデッセイ』と『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』のキャラクターが増えた。
  • ほかの本体にユーザーとセーブデータの引っ越しができるようになった。

「あらかじめダウンロード」対応

発売日よりも前にソフトをダウンロード購入する「あらかじめダウンロード」ができるようになった。(※一部のソフトのみ対応)


上記内容のほかにも、機能追加や調整などを行っている。

関連リンク

 ・任天堂

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事