実際の出来事に基づいて制作された心理ADV『タウンオブライト』PS4/XboxOneで配信決定!PS4版は10月27日配信開始

クロスファンクションは、海外インディーゲームを日本語音声対応でローカライズした『タウンオブライト』をPS4とXbox One向けに配信すると発表しました。PS4版は10月27日より配信開始。通常価格は2,700円ですが、11月3日までは発売記念キャンペーンで10%OFFの2,430円で販売されます。なお、Xbox One版は後日配信予定です。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

『タウンオブライト』について

『タウンオブライト』は、イタリアに実在した精神科病院と実際の出来事から着想を得て制作された心理アドベンチャーゲーム。16歳の少女レネーの視点を通して、かつて彼女が入院していた病院を探索し、過去に隠された秘密と真実を解き明かしていく。

ストーリー

主人公は精神的な症状に苦しむ16歳の少女レネー。彼女は、かつて青春時代の大半を過ごした病院の中へと入っていく。病院内を探索し、自分の過去に対する疑問の答えを探し出そうとするレネー。そこでは一体何が起こっていたのか。

選択によってレネーの症状と物語が変化

レネーの過去を辿っていく中、プレイヤーの選択によってレネーの病状とそれに伴う物語が変化。物語が進むにつれて、次第に暗く感情的な旅になっていく。現実と幻覚の境界が曖昧になっていく世界で、あなたは真実へと辿りつけることができるだろうか。

レネーの日記と記憶で過去を辿ろう

舞台の病院は、1970年代にはイタリア政府の法律の制定によって閉鎖された。現在は廃墟となっている病院内には、様々な遺物が残されている。病院内に散在している医療記録やレネーの日記を通じて、隠された真実や歴史を垣間見ることができる。

かつてのイタリアの精神科医療の歴史を紐解く

本作はイタリアの精神科医療に関する長期的な調査と現実の出来事に基づいて製作されており、プレイヤーをむやみに怖がらせたり、驚かせるような演出は無く、今までのホラーゲームとは一線を画している。主人公レネーの視点を通じて1940年代の精神科病院での出来事を追体験し、かつてのイタリアでの精神科医療の暗部を明らかにしている社会派の作品。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事