任天堂、Switch販売計画を本体1,400万台/ソフト5,000万本へ大幅に上方修正!君島社長「さらなる新体験を来年発表」

任天堂は本日10月30日、2018年3月期通期のNintndo Switch販売計画について、本体を従来予想の1,000万台から1,400万台へ、専用ソフトを従来予想の3,500万本から5,000万本へとそれぞれ上方修正しました。

<続きは以下へ>

スポンサーリンク

4月から9月におけるNintendo Switch本体販売台数は489万台、3月3日からの累計は763万台。ソフトの販売本数は2,202万本にのぼり、そのうち『ゼルダの伝説BotW』が470万本、『スプラトゥーン2』が361万本、『マリオカート8デラックス』が442万本、『ARMS』が135万本(いずれも全世界累計)とのことです。

また、君島社長による決算説明会では「Switchを使った更に新しい体験を用意している。詳細は来年」という発言が確認されています。

関連リンク

 ・朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事