『Horizon Zero Dawn』DLC『凍てついた大地』15時間に及ぶという新たな冒険の詳細が判明!

11月7日より配信開始予定となっている『Horizon Zero Dawn』のダウンロードコンテンツ『凍てついた大地』に関する詳細が、PGW2017における開発者インタビューより明らかとなっています。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

『凍てついた大地』について

  • プレイボリュームはおよそ15時間
  • 舞台となる新エリアへは、本編マップの北東部からシームレスに繋がっている。
  • 本編序盤のメインクエストを終了させることで行くことができるが、難易度はかなり高い。
  • 雪と氷に覆われた過酷な環境の新エリアは、「デーモン」と呼ばれる謎の存在が機械獣に影響を与えている。アーロイは、このデーモンの謎に迫ることになる。
  • 多くのサイドクエスト、新しい武器や防具、改造アイテム、新たな機械獣に野生動物も登場。
  • 第4のスキルツリー「Traveler」が実装されており、新たに8種類のスキルを取得可能。スキルの中には、騎乗したまま素材の採取ができたり、騎乗状態から別の機械獣に槍でジャンプ攻撃を仕掛けるといったアクションが可能になるものも。
  • 「コントロールタワー」と呼ばれる触手のようなものが登場。これは、付近にいる機械獣をパワーアップさせる存在。

関連リンク

 ・Game*Spark

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事