Switch『スーパーマリオ オデッセイ』発売3日間で51.2万本を販売!本体販売台数も大きく牽引し累計200万台突破へ

任天堂が10月27日に発売したNintendo Switch用ソフト『スーパーマリオ オデッセイ』が、発売3日間で511,625本(※DLカード、本体セット含む。DL版は含まず)を販売したことが判明。ファミ通が国内推定販売本数を速報として発表しています。

<続きは以下へ>

スポンサーリンク

『スプラトゥーン2』に次ぐ歴代2位の出足

『スーパーマリオ オデッセイ』の発売3日間で51.2万本という販売本数は、『スプラトゥーン2』の67.1万本に次ぐ歴代2位の出足。

Nintendo Switch本体の販売数も大きく牽引しており、前週2.4万台から5.6倍の13.3万台の売上を記録。これにより、発売から8ヶ月を迎えたSwitchは累計200万台を突破しています。

関連リンク

 ・ファミ通.com

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事