PS4『モンスターハンター:ワールド』最大50人が参加できる招待制コミュニティ「サークル」実装など最新情報が公開!

カプコンは2018年1月26日に発売を予定しているPS4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』の最新情報を公開しました。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

酒場「星の舟」

船の甲板にある酒場「星の船」は集会エリアに集まった最大16人のプレイヤーと交流できる施設。ハンターとのコミュニケーションや狩りの待ち合わせに最適。他のハンターと腕相撲なども楽しめる。集会エリアにある各施設は、一部を除きオフライン時も利用可能。

酒場「星の船」

酒場で出来ること

  • 闘技大会カウンター/クエストカウンター
    様々なクエストの受注。闘技大会クエストへ参加。
  • サークル管理所
    ゲーム内コミュニティの受付窓口。
  • お知らせボード
    ログインボーナスやトピックスの確認。
  • 食事場/マイハウス/集会エリア物資補給係

酒場でできること

クエストカウンター

クエストには、モンスターの狩猟など様々な目的がある。本作は「任務」でストーリーを進めながら増えていくクエストを自由に遊ぶことが可能。集会エリアが解放すれば、ほとんどのクエスト(特定のクエストを除く)はシングル/マルチでプレイで楽しめる。

クエストカウンター

「任務」のクエストをクリアしていくとストーリーが進行し、調査拠点の施設開放や探索範囲が拡大していく。

任務クエスト

「フリークエスト」は調査拠点の期団員、調査団をサポートしているキャラクター達からの依頼や「任務」のクエストクリアなど特定の条件を満たすと増えていく、何度でも挑めるクエスト。他にも「調査クエスト」や期間限定のイベントクエストなども準備中。

フリークエストフリークエスト2

「クエスト」や「探索」は、集会エリアにいる最大16人の中から4人までのプレイヤーとマルチプレイを楽しむことができる。多くのクエストと探索はいつでも途中参加が可能。ただし、クエスト開始から一定時間を過ぎて途中参加した場合には、クリア扱いとはならず、クエスト報酬を得ることはできない。なお、モンスターから剥ぎ取った素材など、採集したアイテムは取得可能。部位破壊報酬なども発生条件を満たせば取得可能。

クエストや探索クエストや探索2

「闘技大会クエスト」は、本作では期間限定の「チャレンジクエスト」がある。チャレンジクエストはワールドランキングに掲載されるので、全世界のハンターと上位タイムを競うことが可能。

闘技大会クエスト闘技大会クエスト2

サークル管理所

招待制のゲーム内コミュニティ「サークル」を実装。

サークル

<サークルメンバー同士で行える要素>

  • サークルメンバー用の集会エリアが使用可能
  • 最大8つのサークルまで所属可能
  • サークルの最大人数は50人まで
  • サークルメンバー間で確認可能なメッセージ作成

<サークルの結成>
サークル名やシンボルアイコン、メッセージなどを設定して自分好みのサークルを結成したり、目的の合ったサークルに参加して楽しめる。サークルメンバーはキャラクター名の頭にアイコン(集会エリアのみ)、ギルドカードにはアイコンとサークル名が表示される。

サークル結成サークル結成2サークル結成3サークル結成4

集会エリアのネットワーク要素

便利な検索機能で手軽にマッチング。「おまかせ」で、今すぐに合流したり、「条件を決めて探す」で集会エリアを検索することができる。また、「集会エリア番号の入力」や、「一緒に遊んだプレイヤーの履歴」から集会エリアを検索することも可能。

集会エリア マッチング

以下の条件を設定し、自分で集会エリアを作成すると、他のプレイヤーが条件を決めて検索できる。

・プレイヤー傾向
・クエスト傾向
・ハンターランク傾向
・使用言語
※特定の仲間と遊べるプライベート設定も。
(集会エリア番号の入力やフレンド招待から入室可能)

マッチング条件設定マッチング条件設定2マッチング条件設定3

トレーニングエリア

様々なオブジェクト(柱やタル等)を攻撃して武器のアクションを確かめることができるトレーニングエリアを実装。他の武器も試したいときは施設内のアイテムBOXで装備変更が可能。コンボやコマンドも表示する最適なトレーニング環境。

トレーニングエリアトレーニングエリア2トレーニングエリア3トレーニングエリア4

なお、「トレーニングエリア」では装備中の武器で使用できる弾やビンはすべて試射可能。消費アイテム、弾、ビンは消費されないため存分に練習することができる。楔虫も設置されており、「スリンガー」の練習も可能。トレーニングエリアへは、マイハウスのルームサービスに話しかけると移動できる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事