Switch『ゼノブレイド2』高橋監督&光田康典氏インタビュー情報

任天堂が12月1日に発売するNintendo Switch用ソフト『ゼノブレイド2』について、総監督の高橋哲哉氏と音楽を担当した光田康典氏のインタビュー情報が明らかとなりました。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

インタビュー内容

  • 『ゼノブレイド2』の企画は2014年7月から始まっており、『ゼノブレイドクロス』と並行しながら着手していた。
  • 『ゼノブレイドクロス』では初代との方向性の違い故にファンから「何故変えたのか」と聞かれることもあり、もどかしかった。
  • 当時はまだSwitchの性能が不明だったため、どのようなハードになるかを想像しながら企画書を作ったが、任天堂の山上プロデューサーからは二つ返事で了承を得られた。
  • 過去作で指摘を受けた、アーツを選びながらの移動や視点操作が難しいという点を改善。直感的に操作できるようになている。
  • 本作ではたくさんのブレイドが必要になるため、複数の方にキャラクターデザインをお願いすることは決まっていた。
  • デザインが外注なのは、社内にキャラクターデザインがいないから。
  • 最近、モデリングのクオリティが向上したと言ってもらえるが、スタッフは変わっていない。
  • レアブレイドのイラストレーターに武器や属性、ざっくりとした文字資料をベースに依頼した結果、やたらと女の子が増えてしまった(笑)
  • レアブレイドの中にはめったに出現しないキャラもいる。ぜひ他のユーザーと意見交換しながら遊んでみてほしい。
  • 高橋氏「光田くんは僕にとって母艦みたいな存在。しばらくするとまたいっしょにお仕事がしたくなる。」
  • ジングルを含めて120曲ほどの楽曲が収録。前作でフィールド曲がACE、バトル曲が平松が担当して好評だったので、基本的には同様のパートを割り振っている。
  • 光田氏が担当した楽曲は25曲程。
  • 音楽だけでもかなり贅沢な作り。機会があればオーケストラコンサートを開催したい。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事