レベルファイブ日野社長「2018年は20周年記念大型タイトルを予定」、チーニン早矢仕氏「仁王はさらに大きく育てていきたい」、ファルコム近藤社長「閃IVでは空・零・碧の伏線をかなり回収」

レベルファイブが創立20周年を迎える2018年に、大型タイトルを予定していることが判明。渾身の一作であると日野社長が語っています。これは電撃PS最新号のクリエイターインタビューに掲載されているもの。

他にも以下のような内容が明らかとなっています。

  • コーエーテクモゲームス Team NINJA早矢仕氏「『仁王』はさらに大きく育てていきたい。今後に注目していただければ」
  • 日本ファルコム近藤社長「『閃の軌跡IV』では、空・零・碧から張ってきた伏線がかなり回収され、シリーズを見守っていた人なら冒頭から驚きの展開がある」
  • アクアプラス下川社長「『二人の白皇』アニメ化希望の多さは実感している。私も望んでいるし、いつかは実現したい」
  • コジプロ小島監督「『デスストランディング』の開発状況は、SIEに「これほど速いペースで作るのは見たこと無い」と言ってもらえるほど順調」
関連リンク

 ・ゲームよりどりサブカルみどりパーク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事