日本一ソフトウェア、日本一企画祭から生まれた新作『嘘つき姫と盲目王子』、実写×ホラーADV『プロジェクトナイトメア』、高解像度版『魔界戦記ディスガイア』を発表!

日本一ソフトウェアは、本日23時より配信した「日本一ソフトウェアの新作タイトルを“直接”紹介する動画」において、新作タイトル3本を発表しました。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

『嘘つき姫と盲目王子』

過去に『ホタルノニッキ』や『夜廻』といった作品を生み出した日本一ソフトウェアの社内コンペ「日本一企画祭り」にて新たに誕生した『嘘つき姫と盲目王子』が発表。この作品は、女性のWebデザイナーが企画したもので、お姫様に化けたバケモノと目の見えない王子との交流を描く、切ないストーリーが展開するとのことです。

嘘つき姫と盲目王子嘘つき姫と盲目王子嘘つき姫と盲目王子嘘つき姫と盲目王子

『プロジェクトナイトメア』

正式タイトルは未定。実写映像を用いたホラーアドベンチャーゲーム。実写のように美しいハイクオリティな3Dのゲームを見た時に「もうこれ実写でいいじゃん」と思い、立ち上げたプロジェクトとのことです。

高解像度版『魔界戦記ディスガイア』

初代『ディスガイア』の高解像度版が今夏発売決定。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事