高評価を得たインディーゲーム『Downwell』の開発者もっぴん氏が任天堂に入社

2015年にDeveover Digitalよりリリースされ国内外で高い評価を獲得したインディーゲーム『Downwell』の開発者として知られる“もっぴん”こと麓旺二郎氏が、自身のTwitterアカウントを通じて任天堂に入社したことを報告しました。

『Downwell』でインディーゲーム開発者として華々しいデビューを飾った同氏だけに、任天堂への入社は意外なことにも感じられますが、昨年エンタメステーションのインタビューにおいて、「大きなゲームを作るために就職したいと思えてきた」と語っており、そのきっかけとなったのが『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』であることを明かしていました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事