『信長の野望』シリーズ累計出荷本数1,000万本突破!

コーエーテクモゲームスは、同社の人気歴史シミュレーションゲーム『信長の野望』シリーズの累計出荷本数が1,000万本を突破したと発表しました。

<シブサワ・コウ氏のコメント含むニュースリリース全文は以下へ>

スポンサーリンク

「信長の野望」シリーズ累計出荷本数1,000万本突破のお知らせ

当社は、歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」シリーズの累計出荷本数が世界累計1,000万本を突破いたしましたのでお知らせいたします。

「信長の野望」シリーズは、1983年3月30日に初代『信長の野望』を発売して以来、織田信長などの戦国大名が、内政、人事、戦闘などを行い天下統一を目指すコンセプトはそのままに、作品ごとに様々なテーマや要素を加え、進化し続けてまいりました。2017年には、ナンバリングタイトル第15作目となる『信長の野望・大志』を発売し、今年で35年目を迎えるロングセラーブランドとなります。

「信長の野望」シリーズを応援してくださったプレイヤーの皆様に心より感謝するとともに、今後も歴史シミュレーションゲームを代表するシリーズとして世界中の皆様に喜んでいただける作品をお届けしてまいります。

コーエーテクモゲームスは、「世界No.1のエンタテインメント・コンテンツ・プロバイダー」を目指し、今後とも優れたコンテンツの開発・販売を推進してまいります。

ゼネラルプロデューサー シブサワ・コウのコメント

この度、「信長の野望」シリーズが35年を迎える日に、1,000万本突破のお知らせをすることができ、長い間支えてくださったファンの皆様に心より感謝いたします。

35年前、「もし、織田信長が本能寺で非業の最期を遂げていなかったら、その後の日本はどうなっていたんだろう」という歴史ファンならば誰しも考える歴史IFをゲームで表現しようとしたことが「信長の野望」シリーズ誕生のきっかけです。完成した後、自分でテストプレイをしましたが、考えていた以上に面白く、天下統一をした際には思わず「やった!」と声を上げて立ち上がったことを覚えています。

この先も、いままでにない新しいおもしろさを持った作品を開発してまいります。ぜひご期待ください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事