[E3 2018]アーマード・コアの開発スタッフが手掛けるハイスピードロボアクション『DAEMON X MACHINA(デモンエクスマキナ)』2019年発売決定!(更新:オンライン要素搭載など詳細追記)

マーベラスのNintendo Switch向けハイスピード・メカアクション『DAEMON X MACHINA(デモンエクスマキナ)』が発表されました。2019年発売予定。プロデューサー佃健一郎氏、メカニックデザイン河森正治氏という『アーマード・コア』を手掛けた二人がタッグを組んでいます。

  • プレイヤーは傭兵となり、アーセナルと呼ばれるアウターギアを操り、人類の敵となったAIと熾烈な戦いを繰り広げる。
  • 倒した敵から武器や装備を奪い、その場で戦場に合わせたカスタマイズを行いながら戦ったり、車や標識、さらには建造物などを利用して戦ったり、戦略性とスピードを併せ持つ、これまでにない新しいメカアクションが楽しめる。
  • プロデューサーは「アーマード・コア」シリーズの開発で知られる佃健一郎氏、メカニカルコンセプトデザインは「アーマード・コア」シリーズや「マクロス」シリーズで著名な河森正治氏、キャラクターデザインは『ファイアーエムブレム覚醒』と『if』のデザインを手がけたコザキユースケ氏が担当。
  • 弾道飛び交う戦場の緊迫感、奥深いメカカスタマイズなど、メカアクションゲームの醍醐味を全て盛り込み新構築された本作は、多様なプレイスタイルにも対応。まさに、メカアクションゲームの歴史に新たな1ページを刻む内容。
  • 月の落下により人類存亡の危機を迎えた世界を舞台に、プレイヤーはひとりの傭兵として混迷極める戦場を生き抜いていきます。戦いの中で出会う人間たちと交錯する想い。主人公が最後に辿り着き、目にするものは――。
  • Nintendo Switchならではのオンライン要素も搭載。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事