[E3 2018]『The Last of Us Part II』開発陣との質疑応答からいくつかの新情報が明らかに

E3 2018にて『The Last of Us Part II』開発陣との質疑応答が実施され、そこからいくつかの新情報が明らかとなっています。

<詳細は以下へ>

スポンサーリンク

『The Last of Us Part II』質疑応答より

  • ステルス要素について。しゃがみと伏せは任意に行え、車の下や隙間に入っていける。草木に隠れる場合、その高さによって隠れ度合いが変化する。
  • エリーが戦っている相手は「セラファイト」という名のシアトルで発足した組織。
  • 前作から5年が経ちエリーはたくましくなったが、それでもジョエルと比べれば非力。そのため攻略には、よりクリエイティブになることが求められる。
  • 映像の中でエリーが敵の矢を受け、それを引き抜くシーンがあるが、これは自動ではなくプレイヤーが任意に行う。矢を抜かないままでいると、照準の正確さが低下するなどデメリットが発生する。
  • 聞き耳を立てて敵の位置を把握したり、ビンを使って敵を誘導するといった要素は踏襲する。
  • 映像の終盤で、命乞いをする敵に対して容赦なくナタを振り下ろしとどめを刺すシーンがあるが、慈悲を与えて見逃すという選択もできる。
  • ジョエルは登場する。ただし、プレイヤーが操作するのはエリーのみ。
  • 感染者はもちろんいる。
  • マルチプレイモードを搭載。
関連リンク

 ・Game*Spark

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事