『ファンタシースターノヴァ』移動速度アップ、レンスポンス改善、処理落ちの軽減などバトル体験版からの改善点を公開

セガはPS Vita『ファンタシースターノヴァ』について、8月に配信を開始したバトル体験版からの改善点を発表しました。

プレイヤーキャラクターの移動速度アップ

最大移動速度を体験版の速度から1.4倍にしました。『PSO2:EP3』での最高移動速度と同等になります。

リングフィールドを1ボタンで作成可能に

サブパレットにセットできる消費アイテム「リングジェネレーター」を用意しました。サブパレットタッチでリングフィールドを作成可能となります。ヘイロウのグランアーツによるリングフィールド作成も残しています。

入力レスポンスの改善

ボタン入力からアクションまでのレスポンスの遅れがあったので、遅れを限界まで削減しました。現在はオーバーラップレンダリングに必要な1フレームのみ遅延しています。

グランアーツとテクニックの遅延改善

入力時の1フレームの遅れを考慮し、モーションフレームを調整しました。技のレスポンスが違和感なくなるように全グランアーツとテクニックに対して実施しました。

歩き→走り→ダッシュの3段階だったものを、歩き→ダッシュの2段階にすることでトップスピードに入る時間を短縮しました。

ロックオンアルゴリズムの調整

ロックオン時の優先順位を修正。遠くの敵を選んでしまうことがあった。
倒したエネミーにロックオンがしばらく残るバグを修正

納刀モーションの調整

歩き→走り→ダッシュの3段階だったものを、歩き→ダッシュの2段階にすることでトップスピードに入る時間を短縮しました。

カメラの旋回速度の調整

カメラの旋回速度が速すぎたので、初期設定速度を遅く再調整しました。

武器パレットの切り替え速度の調整

武器パレットデータを常時読み込み状態にし、機敏に変わるように修正。

UIの反応速度を向上

アニメーション速度が遅く、待ちが発生していたため、クイックなアニメーションに修正しました。

サブパレットのタッチ範囲の調整

サブパレットのタッチの反応範囲の設定を見直し、押しているのに反応がないという誤動作がなくなるよう改善しました。

ギガンテス戦の処理落ちを軽減

ヒットエフェクトが集中するときなど処理落ちが発生していたため、エフェクト自体の軽量化、エフェクト表示数の制限ルールを設定しました。ピーク時での処理落ちが改善しています。また、ヒットウェイトなどグランアーツの演出で遅く感じる部分があったので演出も再度調整しました。

関連リンク
 ・ファンタシースターノヴァ 公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事

コメント

  1. […] ほか、セーブデータをそのまま製品版へと引き継ぐことが可能です。また、バトル体験版ユーザーからの意見を参考に施された数々の改善は、この「序盤体験版」にも適用されています。 […]