『Raibow Six Siege』SWATユニットを紹介する最新トレーラー公開!塵や煙、破片、血糊などを物理演算でリアルに表現する「Havok FX」対応タイトルに

rainbow-six-siege_150605 (1)_R

Ubisoftは、チーム対戦型オンラインゲーム『Tom Clancy’s Rainbow Six Siege』の最新トレーラーを公開しました。

この映像ではFBIに所属するSWATを紹介。SWATは、元海兵隊員で壁や扉の破壊と突破を専門にするThermite、高所にある窓や天井などを破壊するAshという2人のアタッカータイプと、バリケード設置が得意なCastle、鼓動センサーにより敵の居場所を的確に把握するPulseという2人のディフェンダータイプで構成されるユニットです。

今回の最新トレーラー公開にあわせて、本作が物理エンジンHavokの最新技術「Havok FX」に対応することが発表されました。「Havok FX」とは、塵や埃、煙、破片、血糊などを物理演算によってリアルに表現するという技術で、爆発によって舞い上がった粉塵の中をキャラクターが駆け抜ければ、それに合わせて塵や煙が動くといった描写が可能になるだろうとのこと。PCだけでなくPS4/XboxOne版も「Havok FX」に対応しています。

rainbow-six-siege_150605 (2)_R

rainbow-six-siege_150605 (1)_R

関連リンク
 ・4Gamer

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事