1台で11ハードのゲームが遊べる『レトロフリーク』電池切れ&もともとデータ保存機能がないゲームでも本体にセーブ可能と判明!

retro-freak_150309

ファミコンからゲームボーイ、メガドラ、PCエンジンなど1台で11種類のゲームソフトが遊べてしまう夢のレトロゲーム機『レトロフリーク』の公式サイトが更新され、本機に関するさらなる詳細が明らかとなりました。

スポンサーリンク

レトロフリークの特徴

電池の切れたゲームでもセーブ可能

バッテリーバックアップの電池が切れてセーブできなくなったカートリッジでも、レトロフリークでプレイしたゲームのセーブデータは本体にセーブ可能。

どこでもセーブ可能

レトロフリークのクイックセーブ機能により、セーブデータの保存機能がないカートリッジでも、好きな時に好きな場所でセーブ・ロードが可能。

セーブデータの相互移動が可能

カートリッジからレトロフリークにセーブデータを取り込んだり、レトロフリークに保存されているセーブデータをカートリッジに書き出したり、セーブデータの相互移動が可能。

1台で11種類のゲームソフトに対応

  1. ファミリーコンピュータ
  2. スーパーファミコン
  3. Super Nintendo Entertainment System(NTSC/PAL)
  4. ゲームボーイ
  5. ゲームボーイカラー
  6. ゲームボーイアドバンス
  7. メガドライブ(NTSC/PAL)※2
  8. GENESIS(北米版メガドライブ)
  9. PCエンジン
  10. TurboGrafx-16(海外版PCエンジン)
  11. PCエンジン スーパーグラフィックス

※1:一部のゲームで動作しない場合があります。
※2:メガアダプタ使用時はセガ・マークIII対応

HDMI出力で高品質な映像と音声

レトロフリークは、HDMIケーブルでテレビに接続可能。ゲーム画面は自動的に720pにアップスケーリングされ、アナログ接続だったレトロゲーム機本体と比べて高品質な映像と音声でプレイすることができる。

関連リンク
 ・レトロフリーク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事