『龍が如く0』桐生&真島の設定と画像、そして舞台となる神室町&蒼天堀の画像も公開

ryu-ga-gotoku-zero_140828 (3)

セガがPS4/PS3向けに開発を進めている龍が如くシリーズ最新作『龍が如く0 誓いの場所』のスクリーンショットが公開されました。

スポンサーリンク

1988年の神室町と蒼天堀

神室町

ryu-ga-gotoku-zero_140828 (2)

蒼天堀

ryu-ga-gotoku-zero_140828 (1)

当時20歳の桐生一馬、24歳の真島吾朗

ryu-ga-gotoku-zero_140828 (3)

■桐生一馬
東日本最大の極道組織、東城会。桐生は、その直系二次団体である堂島組に所属する組員だ。彼は、幼くして両親を亡くし、堂島組若頭である風間新太郎が設立した養護施設“ひまわり”で育てられる。その後、まるで風間の背を追うように堂島組の盃を受け、現在は東城会の中でも最強の武闘派として知られる堂島組の一員として、神室町を拠点に活動する。そんな桐生は、1988年12月某日、神室町の路地裏で起きたとある殺人事件の被害者から金を取り立てたとして、組内で窮地に立たされる。しかもその矛先は恩人の風間にも向けられることに。桐生は大切な者を護るため、堂島組からの組抜けを決意するのだが……。

ryu-ga-gotoku-zero_140828 (4)

■真島吾朗
 大阪・蒼天堀にあるキャバレークラブ“グランド”の支配人。堅気とは思えないその容貌に反し、その仕事ぶりは丁寧かつ大胆。瞬く間に閑古鳥の鳴いていたグランドを競合ひしめく蒼天掘でNo.1の人気店に押し上げた“夜の帝王”。しかし、その正体は組織を追われた元極道だった。数年前まで東城会系組員として東京で活動していたが、とある襲撃計画の際、組織の意向に反抗。それが原因で、壮絶な監禁生活を強いられることになる。その後、身柄を大阪へと送られ、現在は関西最大の組織・近江連合系組織の監視下で、カタギとして“生かされている”状態だった。親友の兄弟分のため、組への復帰を夢見る真島。ある日、その条件として、ある人物を殺すよう命じられるのだが……。


関連リンク
 ・ファミ通.com

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事