台湾XPECが『真・三國無双7』をベースにしたスマホゲーム『真・三國無双:斬(仮称)』を開発中

shin-sangoku-musou7_160701

shin-sangoku-musou7_160701コーエーテクモゲームスは、XPEC Entertainmentと『真・三國無双7』の著作物使用許諾に関してライセンス契約を締結したと発表しました。

XPECは『FFXV』の開発に協力したことでも知られる台湾の企業。コーエーテクモゲームスとは昨年、『真・三國無双ブラスト』の台湾・香港・マカオにおける総代理店契約を結んでおり、今回は2度目の提携となります。

このたびコーエーテクモゲームスとXPEC、韓国NEXONの間で締結されたサブライセンス契約により、『真・三國無双7』をベースにXPECが開発中のiOS/Android用アプリ『真・三國無双:斬(仮称)』をNEXONがグローバル(日本・中国・台湾・香港・マカオは除く)に展開することが決定。2016年内の運営開始が予定されています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事