3DS『三國志2』8月6日に発売決定!『三國志III』をベースに様々な新要素を追加した作品

sangokushi2_150514

sangokushi2_150514

コーエーテクモゲームスは、3DS用ソフト『三國志2』を8月6日に発売すると発表しました。価格は通常版が4,800円、ダウンロード版が4,286円、プレミアムBOX(サントラCD、マイクロファイバーポーチ、30周年特製シールセット同梱)が6,800円(すべて税抜)です。また、同時発売の3DS用ソフト『信長の野望2』とのツインパック(「三國志」30周年特製ポストカード12枚付き)も発売。価格は8,800円(税別)です。

三國志30周年を記念して発売される3DS『三國志2』は、三國志シリーズの中でも好評を博した『三國志III』をベースに、様々な新要素を追加した作品。新シナリオや新武将の追加だけでなく、要望の多かったエディット機能も強化され、ボリュームもやりこみ度も大幅にアップしています。

  • 「3DSモード」搭載
    メインとなる”オリジナルモード”では、『三國志III』をベースに新シナリオや新武将などを追加し、初期作品から最新作まで幅広いシリーズユーザーが楽しめる内容。また、武将を育成し、獲得した戦技と特技を駆使する本作独自の”3DSモード”や、短期間で何度もプレイが楽しめる”チャレンジシナリオ”も収録。
  • 新規シナリオを含む計13本のシナリオがプレイ可能
    三國志を象徴するようなシナリオや、歴史のIFを題材にしたシナリオを新たに6本収録。新シナリオを追加し合計13本、モード違いで計26種の統一シナリオがプレイ可能。
  • シリーズ最大級の武将数
    新規武将100名を追加してシリーズ最大級総数800名以上の武将が登場。さまざまな武将を配下にすることで、多彩なプレイスタイルを実現可能。
  • 『三國志III』初のエディタ機能を搭載
    要望の多かった「武将エディタ」をはじめとする各種エディタ機能を搭載。さらに、懐かしの『三國志III』から『三國志12 パワーアップキット』などの歴代シリーズの顔グラフィックを多数収録。ゲームをクリアすることで武将の顔スチルが増え、やり込むほどに楽しさが広がる。

    <追加されるエディタ機能>
    ・武将エディタ機能
    ・都市エディタ機能

    <強化されるエディタ機能>
    ・新武将作成機能(顔パターンの追加)

  • 統一シナリオ難易度「超級」実装
    上級を超える難易度「超級」を追加し、さらなるやる応えを実現。従来とは異なる新しい戦術を試したり、新たな武将を配下に加えるなどして、一味違った難易度に挑戦できる。

関連リンク
 ・三國志2

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事