『聖剣伝説』小山田P 来年の25周年に向け『聖剣伝説5』制作の意向を改めて明言!初代リメイクを皮切りに『2』&『3』リメイクにも意欲

seikendensetsu_150917

スクウェア・エニックスの小山田プロデューサーがファミ通のインタビューに応じ、かねてから言い続けている“来年の『聖剣伝説』シリーズ25周年に向けて『聖剣伝説5』を制作したい”という意向を改めて明言しました。「あきらめずに動き続けているので、ファンの皆さんにいい報告ができるようにがんばります。」と話しています。

また、先ほど正式発表された初代『聖剣伝説』のフルリメイクについて「実験的にリメイクすることを決めた」と話し、“実験的”という言葉の意味について「“実験的に”と言っているのは、『2』や『3』を今風にリメイクしたらどうなるかな、ということも考えたかったからです。でも、『2』や『3』はゲームのボリュームがありますので、まずは初代を3Dリメイクしながら検討したかった。我ながら、この実験には手ごたえを感じていますよ。」と説明しました。

これについて“『2』と『3』の3Dリメイクが動き出す?”と追求された同氏は、「具体的なことをお話しできる段階ではありませんが、イメージは出来てきたので、続けて開発できるようにがんばりたいです。」と回答し意欲を見せています。また、電撃オンラインに対しては「今回の『聖剣伝説』が好評だったら、これをベースに『3』のリメイクを作りたい」や「『聖剣伝説2』も要望があれば」など、より具体的に話しています。

関連リンク
 ・ファミ通
 ・電撃オンライン

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事