PS4/PS3/Vita『戦国無双4 Empires』公式サイトがオープン。城内武将の様子を3Dで表現などの特徴がゲーム画面と共に公開!予約もスタート

sengoku-musou-4-empires-os_150604

sengoku-musou-4-empires-os_150604

コーエーテクモゲームスは、9月3日に発売を予定しているPS4/PS3/PS Vita用ソフト『戦国無双4 Empires』の公式サイトをオープンしました。

スポンサーリンク

ゲームの特徴

コンセプトは「究極の国取り無双」

武将の力を引き出す 直感的・本格内政

居城に配置された武将たちが、職務や仲間とのコミュニケーションを行う様子を3Dで表現。直感的な政略実行が可能に。

本作の戦略パートは、配下の武将たちを開発や軍備といった「奉公」に任命し、武将ごとに異なるさまざまな「提案」を採用することで進行。もちろん任意でのコマンド選択も可能。この政略画面は、居城に配置された武将たちが職務や仲間とのコミュニケーションを行う様子をシリーズで初めて3Dで表現。本格内政を直感的に楽しむことができる。

操作性・共闘感UP!武将全員で勝利を目指せ

「兵站線バトル」や前武将への[個別方針設定]が復活。内政や戦闘で友好度を上げた味方への「操作切り替え」が可能。

『戦国無双2 Empires』で好評だった戦闘システム、兵站ラインで結ばれた拠点を制圧しながら前線を押し上げていく「兵站線バトル」が復活。ほかにも、プレイヤーからの要望が多かった全武将への「個別方針設定」可能に。これにより、味方の武将全員に戦闘の方針を設定することができ、より戦略性の高いステージ攻略を行うことができる。また、戦場に連れて行く武将は、友好度を高めることにより操作が可能になり、戦闘中に最大8人の武将を切り替えながらの共闘感あふれるバトルが楽しめる。

刻々と変化する武将ドラマ。人間模様を体験せよ

史実エピソードや人間関係に焦点を当てた「武将ドラマ」。友好関係や敵武将との確執など、選択や成否によって大きく変化。

武将たちの人間関係に焦点を当てた多彩なドラマが展開される本作では、史実や逸話を元にしたイベントはもちろん、プレイ次第で史実にはない関係にも発展。味方同士の友好関係やライバル関係、さらには敵武将との確執などの「人間ドラマ」が、政略時のイベントや戦闘中のミッションとしてゲームプレイの随所に散りばめられ、プレイヤーの選択やミッションの成否によってゲームの進行に大きな影響を及ぼす。史実や逸話を元にしたイベントは、基本的に全無双武将分が用意されており、“明智光秀が「ホトトギス」の歌を詠むなら…”など、武将の個性に応じたバリエーションが用意されている。

エディット武将&汎用武将の活躍も大幅にアップ!

無双武将・エディット武将だけでなく、全武将の魅力を高める華やかな姫武将や個性的な汎用武将たちと共にドラマを紡ぐ。

武将に焦点を当てる本作では、エンパイアーズシリーズではおなじみのプレイヤーが作成する「エディット武将」のほかにも、汎用武将のうち無双武将化していない全国の有名武将などをはじめとした総勢100人以上にも固有の見た目を設定。さらにシリーズ初の試みとして、戦国時代を彩った華やかな「姫武将」をこちらも総勢100名以上登場させる。もちろんこれらの武将全てが「武将ドラマ」に登場するので、仲間集めの面白さが更に強化される。

sengoku-musou-4-empires_150604 (11)

関連リンク
 ・戦国無双4 Empires






スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事