PS4/PS3版『戦極姫5』2015年3月発売決定!PS4版はタッチパッドを使ったギミックあり

sengokuhime5_141117 (5)


システムソフト・アルファーは、PS4/PS3版『戦極姫5 ~戦禍断つ覇王の系譜~』を2015年3月に発売すると発表しました。価格はPS4/PS3ともに限定版が9,500円+税、パッケージ通常版が7,500円+税、ダウンロード版が7,000円+税です。また、12月11日発売予定のPS Vita版マスターアップも報告されています。

本作は、主人公の天城颯馬が、戦国時代の各大名家の軍師となって天下統一を目指すシミュレーションゲーム。また、美少女となって登場する戦国武将たちと共に恋模様を繰り広げる美少女アドベンチャーの要素も内包しています。

『戦極姫5』では、日本全土を1枚の大きなマップとして操作する「シームレスマップ」が登場。また、武将に国の統治を任せる「代官」システムなどの新たなコマンドの追加や、合戦時の兵種毎の特徴の追加、合戦中の天候変化、新天候「砂塵」「時化」など、様々な新要素が追加されています。

美少女ゲームの中でも圧倒的なボリュームとなる200枚を超えるイベントCGを収録。天城颯馬と美少女武将たちの恋仲が深まっていく様子をたっぷり楽しめるとのことです。また、合戦中にダメージを受けることで服や鎧が破れたり、胸が揺れる「ダメージカットシーン」機能も搭載されています。

PS4版は、軍師・黒田官兵衛をヒロインとした「官兵衛ルート」を含む10ルートを収録。PS3版はPS4版と同じルートに加え、PS Vita版の新要素「真田ルート」と、桶狭間の戦いにおけるifを描いた「今川ルート」も収録した全12ルートを収録。シナリオモードの他にも、60の大名家から好きな大名を選びSLGに集中してプレイできる「群雄割拠モード」も楽しめます。

なお、PS4版には独自機能として、鑑賞モード時にタッチパッドを使って美少女武将の胸を自由に揺らせるとのことです。

PS4/PS3版の豪華限定版には、全編新規描き下ろしノベルブックが付属。舞台を現代に移して、姫武将たちが新たな世界で活躍するアナザーストーリーが展開します。また、DLCでは、追加キャラクターとして姫武将14名がアイドル姿で登場。アイドル姫武将たちは、SLGパートで武将として使用できるだけでなく、ゲーム本編だけでは見られないアイドルになった彼女たちの一面を描いた専用書き下ろしシナリオ付きで展開します。

関連リンク
 ・戦極姫5 戦禍断つ覇王の系譜 公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事