『シャイニング・レゾナンス』公式サイトが更新!物語や世界観に加え主人公たちや敵側に登場するドラゴンの情報も公開

セガは今冬発売を予定しているPS3用RPG『シャイニング・レゾナンス』の公式サイトを更新し新たな情報を公開しました。

スポンサーリンク

シャイニング・レゾナンスとは

  • 人気RPG『シャイニング』シリーズの世界観を一新した最新作。ドラゴンが主人公という異色の設定にて、竜の力を巡って巻き起こる大乱の物語が展開。果たしてその結末とは?美しくも切ないファンタジー戦記が描かれます。
  • 主人公のドラゴンと行動を共にする仲間たちは、魔法の音楽を奏でて戦う「竜奏騎士」たち。彼らは、竜の力を不思議な音楽に変える武器「竜刃器」を武器に戦います。バトルにおいて、竜の魂と彼らの奏でる音楽が共鳴する時、強力な技が発動。なお、センターキャラによって効果が変化する模様。
  • 広大なフィールドでモンスターに遭遇すると、シームレスにバトルへと移行。戦闘はシンプルな操作で爽快なアクションを繰り出せる“リアルタイムアクション&コマンドバトル”。最大4人パーティで行うバトルは、まるで楽団(バンド)のようなライブ感覚を味わえる、歌と音楽を活用した新システムを搭載。

物語と世界観

いにしえの大陸に、「アルフヘイム」と呼ばれる神の地が存在する。

かつて、この世界で栄華を誇った竜たちが滅びてから、長く時は流れた。
竜の魂は結晶化して、世界に散らばっていた。

しかし、あるときドラゴンの生存が確認される。彼の名は「煌竜イルバーン」。
失われた竜の力を求めて、帝国軍や教会勢力、
そして竜に仇なす者「ドラゴンスレイヤー」が動き始める。

彼らの手からドラゴンを救ったのは、ひとりの「少女」だった。
やがて「竜の奏者」と呼ばれる戦士たちがドラゴンのもとに集う。
ドラゴンの脳裏には、幼いころ傷ついた自分を助けてくれた「少女」の記憶が蘇る。
それは、運命の再会だった。

主人公はドラゴン「煌竜イルバーン」

シャイニング・レゾナンス
希少なドラゴンの生き残り。
世界の成り立ちに関わる存在で、人々からその力を狙われている。
イルバーンは、幼少の頃に傷ついた自分を助けてくれた「少女」を探している。
少女たちとの絆が深まる時、ドラゴンに奇跡が起こる。

竜を狩る者、竜を操るものたち

シャイニング・レゾナンス

竜を狙う黒き狼「ゲオルグ・ザルバード」
「人が神を選ぶのではない。神が人を選ぶのだ。
貴様の運命は神の代弁者たる私の剣で見極めてやろう」

ロンバルディア帝国・刻竜教会特務騎士団「ベイオウルフ」の団長。
教会の「犬」として内外で恐れられる最精鋭部隊を率いる。
ひと癖もふた癖もある団員を束ねるその実力は帝国軍の中でも
一目置かれており、皇女に従い前線指揮をとる。

ドラグマキナ
帝国軍の研究により人工的に復活させられた伝説の竜たち。
伝説の武器の名前を与えられて、帝国軍の竜騎士に使役されている。

「氷蒼鉾龍ゲイボルグ」「紅蓮槍龍トリシューラ」「雷戟轟龍グングニル」

関連リンク
 ・シャイニング・レゾナンス 公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事