スクエニ、クラウドゲーム事業の新会社「シンラ・テクノロジー」発足!代表は和田洋一氏。2015年早期 日本でβテスト実施

shinra-technologies_140919

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、新会社「シンラ・テクノロジー」の発足を発表しました。和田洋一氏が代表を務めます。

「シンラ・テクノロジー」は、独自技術を核としてクラウドゲーム事業の運営を行う新会社。クラウドゲームの独自技術を活用し、これまでになかった全く新しいゲーム体験の創出とゲーム産業の新しい生態系確立のための触媒となることを目指すとのこと。また、2015年早期に日本においてβテストを実施するとしており、『Agni’s Philosophy』や『FFVII』を公開予定とのことです。

データセンター、回線等、基盤を形成するパートナー企業に技術的支援を行うことでクラウドゲーム固有の環境を構築し、意欲的で優れた開発スタジオと密接に協力する中で新体験のゲーム開発を促し、同社がハブとなって、クラウドゲームとそれに付随したコミュニティサービスをお客様に提供します。

当社の技術を活用することで、現在のPCやゲーム機では不可能であったスーパーコンピュータ並みの性能をクラウドゲームで実現することができます。また、ゲームはクラウド上で動作し、フィードバックはストリーミングで行われるため、ゲームをプレイするための端末を選びません。
なお、ストリーミング配信であることに起因する不具合を回避するために、パートナー企業と回線について提携していく方針です。

シンラ・テクノロジーは、既に複数の優れた開発スタジオと交渉を開始しています。
 ユービーアイソフト社のCEOであるイブ・ギルム氏は、以下のように述べています。
「ゲームの未来に重要な役割を果たすのがクラウドである、と長年考えてきました。シンラ・テクノロジーが進む方向性に感銘を受けており、革新的なアーキテクチャと技術がもたらすものに期待します。」

我々は、この技術を活用してゲームを開発していただける、さらに多くの意欲的な開発者を求めています。技術的特性をじっくり議論する中で、これまで実現できなかった新しいゲームデザインに挑戦できればと期待しております。

具体的タイトル・ラインナップ等、サービスの詳細につきましては、確定次第、随時お知らせします。
また、ベータテストの詳細につきましても、別途お知らせする予定です。

関連リンク
 ・シンラ・テクノロジー

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事