スクエニ、著作権法違反容疑で家宅捜索-漫画『ハイスコアガール』でKOFやサムスピのキャラを無断使用

hiscoregirl_140806
ハイスコアガール (5) (ビッグガンガンコミックススーパー)

スクウェア・エニックスが8月5日、著作権法違反容疑で大阪府警から本社と関係先の家宅捜索を受けていたことが、ニュースメディアの報道によって明らかとなりました。

報道によると、スクウェア・エニックスが刊行している漫画雑誌「月刊ビッグガンガン」で連載されている漫画『ハイスコアガール』において、SNKプレイモアが著作権を持つ対戦格闘ゲーム『ザ・キング・オブ・ファイターズ』や『サムライスピリッツ』などのキャラクターが100ヶ所以上にわたって許諾なしに使用されていたとのこと。

これは、『ハイスコアガール』のアニメ化にあたり、関東地方の映像製作会社が昨年夏頃、SNK社にキャラクターや音楽の仕様許諾について問い合わせたことがきっかけで発覚したもので、SNK社は今年5月に大阪府警に告訴していたとのことです。

なお、単行本の巻末には、著作権表示によく使われる(C)マークと共にSNK社の名前が記載され、あたかも許諾を得たかのような体裁になっていたそうです。

関連リンク
 ・msn産経ニュース

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事