『テイルズ』馬場P心境に変化?『スカイリム』のようなオープンワールドRPGを作るつもりはない発言から一転し興味があると語る

tales-babap_141104

バンダイナムコゲームスの人気RPG『テイルズ オブ』シリーズを取り仕切る馬場英雄プロデューサーが、バンダイナムコゲームス北米支社のビデオインタビューに登場。『テイルズ オブ』シリーズを今後も作り続けていきたいと語る一方で、新しいジャンルやゲームに挑戦したいとの考えも明かし、具体例として『スカイリム』や『ドラゴンズドグマ』といったオープンワールドRPG作品の名前を挙げました。(※動画の当該シーンは6分頃から)

同氏は2012年7月のEurogamerインタビューで「チームにとってJ・RPGが最良のジャンルであり、『スカイリム』のようなオープンワールドゲームを作るつもりはありません」と語っていましたが、この2年で心境に変化があったということなのでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事