『討鬼伝 極』新たなNPC「凜音」「九葉」「虚海」、新鬼「オンジュボウ」、「ミタマ」の最大レベル引き上げに伴う特殊スキルの習得やスキル付け替えの情報が公開

コーエーテクモゲームスは8月28日に発売を予定しているPS Vita/PSP用ソフト『討鬼伝 極』の公式サイトを更新しました。

スポンサーリンク

キャラクター:ウタカタの人々

北の女狼「凜音(声:小松由佳)」

toukiden-kiwami_140703 (5)

ウタカタの北に位置するシラヌイの里のお頭。
クールで冷静沈着。強靭な意志で味方を統率し、部下たちから絶対の信頼を寄せられるカリスマ。八年前のオオマガドキで、見捨てられたシラヌイの里に入り、霊山の許可を得ずお頭となった。常在戦場・独立不羈の字を掲げ、霊山と対立する。

血塗れの鬼「九葉(声:増谷康紀)」

toukiden-kiwami_140703 (2)

霊山の軍師。
高位の文官で、「百鬼隊」に対する指揮権を持つ。
北の“鬼”を討つため、「百鬼隊」参番隊と共にウタカタの里を訪れる。軍略の天才にして、非情な現実主義者。
八年前、オオマガドキの戦いを指揮し、北の地を見捨てる作戦を立案した。以来、北を見捨てた鬼と呼ばれる。

半人半鬼の彷徨者「虚海(声:前田愛)」

toukiden-kiwami_140703 (3)

謎めいた少女。
半身を“鬼”に侵食され、半人半鬼の姿をしている。
その正体は謎に包まれており、老婆なのか少女なのか、
判然としない言動でプレイヤーを翻弄する。
動物と言葉を交わし、使役する力を持つという。

キャラクター:鬼

オンジュボウ

toukiden-kiwami_140703 (4)

怨樹坊(オンジュボウ)。
しなやかな体躯を持った大型“鬼”。
山林に潜むことが多く、その身に異界の
植物を寄生させている。
敏捷で身軽、知的能力が高く、モノノフたちの
意表を突いた攻撃を仕掛けてくる。

システム

ミタマの成長

戦闘結果および祭祀堂にてミタマが成長し、レベルを上昇させることができる。レベルが上昇するたびにスキルを1つ習得する。以下『極』における変更点。

  • レベル上限引き上げ
    ミタマの最高レベルが10から12へと引き上げ。最大レベルに達すると“レベル極”となり、新たなスキルを習得できる。
  • 特別スキル習得
    レベル極になると、ミタマは特殊なスキルを1つ習得し常時効果が発動する。どのミタマがどんな特殊スキルを覚えるかは、レベル極になるまで分からない。
  • スキルの付け替え
    レベル極になると、特殊スキル以外でこれまで習得したスキルを自由に付け替え可能になる。

ミタマの一例として新たに「藤原定家」や「楠本イネ」、「八百屋お七」、「平貞盛」が紹介。

戦場:侵域

「武」の侵域「樹上金色堂」

鎌倉・室町時代の特徴を持った「侵域」。
地底より伸長した巨樹が大地を砕き、絶壁の崖が作られている。
木々に抱かれた遺構から、壮麗な寺院であったころの姿が
しのばれるが、今は無残に朽ち果てている。

『討鬼伝 極』の拠点

『討鬼伝 極』の拠点となるのは引き続き「ウタカタ」の里。
前作から3ヶ月経過したことで、木々は黄色や赤に美しく紅葉しているなど、周囲の景色が変化している。


関連リンク
 ・討鬼伝 極 公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事