『討鬼伝2』STUDIO4℃制作オリジナルアニメ”前編”が公開!武具交換が可能な「つづら」や、他プレイヤーの分身と共闘できる「共同作戦」などオンライン情報も

toukiden2_anime_160701

コーエーテクモゲームスは、7月28日に発売を予定しているPS4/PS3/PS Vita用ソフト『討鬼伝2』について、STUDIO4℃が制作したオリジナルアニメの”前編”を公開しました。中編は7月8日、全編は7月13日に公開予定です。

また、マルチプレイについてやオンライン要素の情報も公開されています。

スポンサーリンク

マルチプレイについて

本作では最大4人共闘プレイができ、PS4/PS3/PS Vitaというハードの垣根を越えたマルチプレイにも対応。なお、PS Vita版ではアドホック通信による身近な仲間とのマルチプレイも可能。

マルチプレイ参加手順

里の出入り口付近などにある跳界石に触れ、統合本部に移動するとマルチプレイを行える。最大4人で任務に挑戦可能。

チャット機能

定型文のほか、フリーテキストやスタンプの送信も可能。

その他オンライン要素

共同作戦

異界で戦闘中のモノノフと遭遇すると発生する。参加するかどうかは自由だが、討伐対象を倒すと、作戦成功となり報酬を得られる。また、助けたモノノフは少しの間ともに行動してくれる。この世界に存在するモノノフのほか、他プレイヤーの分身が戦っていることもある。

戦っているモノノフを助ける

ネットワークに接続していると、「他プレイヤーの分身モノノフ」が現れることもある。

助けたモノノフとともに行動

討伐対象を討伐すると、助けたモノノフが少しの間ともに行動してくれるようになる。時間内であれば擬似的に他のプレイヤーと一緒にストーリーを進めることもできる。時間になると、去っていく。

つづら

各地に置かれているモノノフ用の収納箱。不要になった武具を他者に譲り渡す目的で使われる。空になったつづらに武具を収納しておくと、他のモノノフの元に届く。

中身を受け取る

各地に置かれているつづらには、他のモノノフが入れた武具が収まっており、受け取ることができる。

武具を入れる

中身を受け取った後、つづらは武具交換装置として機能する。空になったつづらには、自分の持っている武具を入れることができるようになる。

他の誰かのつづらに収まる

入れた武具はネットワークを介して、他の誰かの世界のつづらに収まる。また、武具を入れると自分のつづらにも、誰かの入れたほぼ等価値の武具が収まる。武具は誰かに譲る際に強化されることもある。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事