『テイルズ オブ ゼスティリア』アリーシャDLCはスレイが答えを出してから数カ月後のエピソード。本編未クリアでもプレイ可能

toz_150127

toz_150127

バンダイナムコゲームスより発売中のPS3『テイルズ オブ ゼスティリア』。ヒロイン問題で大炎上中の本作向けに、まさに炎上の原因となったキャラクター「アリーシャ」にスポットを当てたダウンロードコンテンツ「アリーシャ アフターエピソード」が配信予定となっていますが、その詳細がゲーム誌のフラゲより判明しました。

アリーシャの視点から描かれる「アリーシャ アフターエピソード」は、スレイが“答え”を出してから数カ月後のエピソード。新たに行動を起こそうとしたところを過激派に襲われるも、ロゼによって助けられたアリーシャ。再会を喜ぶアリーシャでしたが、ロゼは何故かアリーシャを避け、その理由も伏せるため喧嘩に。しかし過激派の裏に憑魔が潜んでいることが分かり、共に解決へと乗り出します。

なお、「アリーシャ アフターエピソード」は、本編をクリアしていなくてもプレイ可能ですが、その場合はパーティレベルなどは予め設定されたものでプレイすることになります。もちろんクリア済みであれば、クリアデータを引き継いで楽しむことができます。

「アリーシャ アフターエピソード」は2月12日より配信開始。価格は通常1,300円(税抜)ですが、2月28日までの期間限定で無料配信されます。

馬場英雄プロデューサーが今回の炎上について問われ「アリーシャをヒロインとは言っていない。ヒロインはユーザーが決めるもの。でも勘違いさせてごめんなさい」なんて発言してしまったばかりに、バンダイナムコゲームスが様々なメディアに対し、アリーシャをヒロインと書いている紹介文の削除を依頼しているようですね。公式コンテンツの『テイルズ オブ アスタリア』に登場したアリーシャも、当初は「ヒロイン」と紹介されていましたが、その表記は現在削除されていますし、アルター制作フィギュアの商品説明にも、当初はヒロインと明記されていました。その証拠はキャプチャされ、ブログやSNSを通じて拡散されているため、炎上が鎮火するにはもうしばらく時間がかかりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事