大きな革命!『テイルズ オブ ゼスティリア』敵シンボルと接触した場所がそのままバトルフィールドとなる「リアルマップバトル」システム導入

バンダイナムコゲームスより発売が予定されているPS3『テイルズ オブ ゼスティリア』は、シリーズ初の「リアルマップバトル」になることが判明しました。

リアルマップバトルとは、マップ上で敵のシンボルと接触すると、その場所がそのまま戦闘フィールドになるというもの。狭かったり、高低差があったりと、地形の特徴によって戦い方が大きく変化します。

また、同行キャラは主人公スレイの後を付いてきて、今の状況や雑談など会話の内容を選んで話しかけられることや、多彩なマップアクションが用意されており、障害物の排除やギミックの操作に役立つことも判明しています。

新キャラ「マルトラン」については紹介済み。

関連リンク
 ・Twitter

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事