『ヴァルキリードライブ ビクニ』対応機種はVitaで確定。『閃乱カグラSV/EV』風の3Dアクションになる模様

valkyrie-drive_150323

valkyrie-drive_150323

大型メディアミックスプロジェクトとして発表された『ヴァルキリードライブ』。同プロジェクトの一環として2015年に発売が予定されている家庭用ゲーム『ヴァルキリードライブ ビクニ』の対応ハードが、電撃オンラインがぽろりしてしまったPS Vitaで確定。これは、ゲーム誌のフラゲ情報より明らかになったものです。

気になるゲーム内容は、群がる敵を敵を倒していく“攻め”をキーワードとした3Dバトルアクションゲーム。激しく戦うことで二人のシンクロ率が上昇、それに伴いキャラクターの武器変化やコンボ変化のほか、キャラ同士の掛け合いなど戦闘中に様々な変化や演出が発生。また、強力な必殺技を放つと、敵味方ともども衣服が破れ散るとのこと。

ということで、開発会社は異なるものの(本作の開発はメテオライズ)、同作と同じく高木健一郎氏がプロデューサーを務めた『閃乱カグラSV』や『EV』と似た雰囲気のゲームになりそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事