『ウィッチャー3』拡張パック2種は合わせると『ウィッチャー2』にも匹敵する大規模なものに。完全新規のロケーションが追加されるほか、異なるゲームプレイが導入される可能性も

witcher3_150711

witcher3_150711

『ウィッチャー3』のデベロッパーであるCD Projek REDのディレクターKonrad Tomazkiewicz氏が、既に配信の決定している拡張パック2種について語り、以下の様な内容が明らかとなりました。

  • 拡張パック2つをまとめると、前作『ウィッチャー2』と同じくらいのボリュームを持つ。異なるロケーション、キャラクター、物語、アイテム、カットシーンなどを含む大規模なものになる。
  • 10月リリース予定の第1弾は約10時間、来年初頭リリース予定の第2弾は約20時間ほどのボリュームを予定しているが、実際にはもっと膨れ上がる可能性がある。
  • 拡張パックはどちらも本編から独立した物語としてプレイ可能。おそらく高レベルキャラクター向けになると思われるが、まだ確定していない。
  • 拡張パック第1弾は、No Man’s Landを舞台に謎めいたMo of Glassとの契約にまつわる物語が展開する。第2弾は全く新しいロケーションを舞台に、ポーランドの古い民話を基にした冒険が繰り広げられる。
  • 拡張パック第2弾では、Toussaintと呼ばれるニルフガード王国の近くに位置する全く新しい独立したロケーションが追加される。戦争には参戦しなかったため、戦争の影響を全く受けてない。製作途中のためサイズに関しては未確定だが、ノヴィグラドやスケリッジのように完全にオープンなゾーンとなる。
  • 全く別種のゲームプレイや感覚を追加しようと考えている。システムがどのくらい影響を受けるかは不明。
  • 『ウィッチャー3』のサポートは最低2年間は継続する。

関連リンク
 ・Choke Point

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事