沼地が軽くなった!PS4版『ウィッチャー3』最新パッチ1.10でフレームレートが大きく改善

witcher3_151014

『ウィッチャー3 ワイルドハント』の世界を拡張するエキスパンション・パック「無情なる心」に先駆けて配信された大型パッチ1.10。「NG+」で一部装備が消えるなどいくつかのバグが発生していますが、一方でPS4版のフレームレートが大きく改善していることが明らかとなりました。

Digital Foundryのテストによると、従来であればフレーム数が20程度まで落ち込んでいた沼地において27~30を維持。また、やはり落ち込みの激しかった一部カットシーンにおいても明らかな改善を見ることができます。

Gamersydeによる沼地のテストでも、同様に安定したFPSを記録。

これまでは内部解像度が低く設定されているXboxOne版の方がFPSの面で優れていましたが、パッチ1.10を当てた状態では、顕著な違いは見られず同等となっています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事