『ワールドオブファイナルファンタジー』ストーリーだけで100時間に及ぶボリューム。登場ミラージュは200以上で、全て育てたくなるような調整がされている

woff-mv_160607

スクウェア・エニックスのPS4/PS Vita用ソフト『ワールドオブファイナルファンタジー』。本日発売日が10月27日に決定した本作について、千葉広樹ディレクターと泉沢康久アートディレクターのインタビュー情報が明らかとなりました。

  • 歴代FFキャラたちは、異世界から来たのではなく、もともとこの世界で暮らしているという設定。意外な組み合わせで知り合い同士のキャラもいる。
  • ダンジョン内から瞬時に街に戻ることができ、またすぐにダンジョンに戻ることもできる。
  • バトルで全滅してもホームに戻されるだけでペナルティはない。
  • ボリュームはナンバリングと同等。サブストーリーが充実しており、FFキャラはカットシーンイベントを盛り込んだしっかりとしたものになっている。ストーリーを余すことなく追いかけるだけでも100時間は遊べる。
  • イベントシーンは早送りやスキップが可能。
  • 序盤はゴリ押しでも進められるが、中盤以降は属性などを考慮しなければ難しい場面もある。
  • 登場ミラージュ数は200以上。全てのミラージュを使いたくなるように調整している。
  • フィギュア化の意向あり。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事