“ニューオーダー”の前哨戦を描く最新作『ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド』5月28日に国内発売が決定!

“ニューオーダー”の前哨戦を描く最新作『ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド』5月28日に国内発売が決定!

ベセスダ・ソフトワークスは、日本においてPS4/XboxOne『ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド』を5月28日に発売すると発表しました。価格はパッケージ版、ダウンロード版ともに2,980円(税別)。日本語音声、日本語字幕によるフルローカライズが施されています。

『ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド』は、全世界で75以上のGOTYを獲得した『ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー』の前哨戦を描いた作品。より美しくなったグラフィックが描く地下墓地、風光明媚なドイツの山岳風景を舞台に、主人公「B.J.ブラスコビッチ」が全8チャプターにわたって痛快なアクション・アドベンチャーを繰り広げるとのことです。

時は1946年、ナチスは第二次世界大戦の勝利を目前にしていた時代。連合国軍のために巻き返しを図るべく、 B.J.ブラスコヴィッチはバイエルンの奥深くで、2つの壮大な特殊任務に乗り出します。
一つ目の任務「ルディ・イェーガーと狼の巣穴」では、デスヘッド親衛隊大将の拠点を示す座標を入手するためウルフェン シュタイン城に侵入し、残虐な刑務所長に立ち向かいます。二つ目の「ヘルガ・フォン・シャーブスの邪悪な秘密」では、 異常な好奇心を持つナチスの考古学者が謎めいた遺物を発掘したことで、古来の邪悪な力が解き放たれようとしている 田舎街・ヴルフブルクに舞台を移します。
『ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー』をしのぐ超ハードコア・バトルや、新たに登場するユニークな金属パイプ・アクション、 さらに新登場の武器や一新したPERKが加わり、手に汗握る熾烈なアクション・アドベンチャーがプレイヤーを待ち受けます。

関連リンク
 ・ウルフェンシュタイン:ザ オールドブラッド

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事