『ゼノブレイドクロス』オンライン要素の収録が公式発表

xenobladex_141111

xenobladex_141111

任天堂より2015年春に発売が予定されている、モノリスソフト開発のオープンワールドRPG『ゼノブレイドクロス』。同作に「オンライン要素」が収録されることが、公式に発表され確定となりました。ただし、どういった内容になるのかまでについては言及されておらず、続報を待たなければなりません。

「オンライン要素」収録について明かしたのは、モノリスソフト野村氏。『ゼノブレイドクロス』の担当役員として、高橋哲哉氏と共にプロジェクト全体の統括・管理を担当されておられる方です。

野村氏は、モノリスソフトが任天堂に先駆けて金曜日に公開したフライングホームページについて、想定を超えたアクセスがあり非常に嬉しい半面、サーバーレンタルのプランを遥かに超えたデータ転送が発生してしまいオープン初日から管理会社より注意されてしまうなど困った状況にあることを告白。そして、同サイトで流れる澤野氏の楽曲をエンドレス再生している人が結構いるのと、ファイルをダウンロードする際の負荷が原因ではないかとの分析結果を明かし、対応として楽曲データのビットレートを下げる&楽曲の無限ループをやめるといった解決策を明かしています。一番確実である「曲の再生を止める」という方法を選ばなかったことに感謝ですね。

関連リンク
 ・ゼノブレイドクロス フライングホームページ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事