『ゼノブレイドクロス』敵3Dモデルをじっくり鑑賞できる「エネミー図鑑」搭載

xenobladex_141209

モノリスソフトが開発を進めている4月29日発売予定のWii U用オープンワールドRPG『ゼノブレイドクロス』。同作には、『ゼノブレイド』では用意することができずユーザーから残念がられてしまったという「エネミー(モンスター)図鑑」が収録されていることが公式Twitterにて発表されました。

「エネミー図鑑」では、3Dモデルを舐めまわすように観賞したり、ドロップアイテムの確認をすることもできるそうです。ちなみに、New3DS版『ゼノブレイド』にも追加要素として“エネミー図鑑”に似た「コレクションモード」なるものが搭載されています。「コレクションモード」では、「ストーリーに関わり深い敵キャラクター」に加えて「パーティキャラの装備バリエーション」などの3Dモデルを立体視で観賞することができます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事