『ゼノブレイドクロス』惑星ミラ探索の最重要システム「フロンティアネット」に関する情報や新キャラ「ルー」が公開

img_chara09-01

任天堂より4月29日に発売が予定されているWii U『ゼノブレイドクロス』の公式サイトが更新されました。

スポンサーリンク

世界観

惑星ミラを開拓するための最重要システム「フロンティアネット」

地球人が入植を開始したばかりの惑星ミラは未知の場所が多く、人類は情報システム「フロンティアネット」を使い、惑星ミラの全容を把握しようと努めている。フロンティアネットは、惑星ミラの各地にある「フロンティアネットスポット」に情報探査機「データプローブ」を設置し、周辺地域のデータを取得することで拡充されていく。

「データプローブ」とは、周辺地域のデータを収集する情報探査機。この探査機を「フロンティアネットスポット」に設置することで、周辺地域のデータを取得することができる。

高性能データプローブを入手すると様々なメリットあり

フロンティアネットスポットは、資源が眠る鉱脈でもあり、データプローブを設置することで、万能鉱石「ミラニウム」や希少な結晶・鉱石「レアリソース」が自動で採掘されていく。トレジャーボックスやクエストを行うと、「高性能データプローブ」を入手できることがあり、設置したデータプローブを変更すると様々な効果が現れる。

様々なデータプローブ

  • 採掘プローブ:産出性能がアップし、入手できるミラニウムが増える。
  • リサーチプローブ:設置した周辺に発見済みの秘境や絶景ポイントがあると、観光収益を入手できる。
  • バトルプローブ:設置した地域内で、バトルを行うと様々な効果を受けられる。
  • 貯蔵プローブ:ミラニウムの最大貯蔵量が増えます。
  • 強化プローブ:隣接するデータプローブのメイン機能を強化する。
  • コピープローブ:隣接するデータプローブの機能をコピーする。

フィールド

惑星ミラの地形を上空からチェック「ホッパーカメラ」

GamePadでマップを確認「セグメントマップ」

惑星ミラを探査する上で心強い味方となる情報システム「フロンティアネット」は、ミラの情報を効率よく収集するために、地形を複数のブロックで分けた「セグメント」と呼ばれる六角形の地域で仕切っている。手元のGamePadでは、このセグメントを表示した「セグメントマップ」を見ることができる。

xenoblade-map_150219

キャラクター

惑星ミラの発明家「ルー」 CV:置鮎龍太郎


惑星ミラの先住民で発明家。ノポン人や他の先住民に、自ら作る発明品を売り生活の糧としている。好奇心旺盛で人に対して大変人懐こく、なぜか故事にも詳しい。

「故事に言う“カモ”といったところですね。」

関連リンク
 ・ゼノブレイドクロス

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事
関連記事